読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

音楽好きの雑記備忘録 

感想など自分で見返してニヤニヤする用ブログ

フレデリズム/フレデリック

フレデリックの満を持してのファーストフルアルバム!!

今までインディーズで1枚、メジャーで3枚のミニアルバムは出してたけどフルアルバムは初!!ということで、既出の代表曲とインディーズ時代の曲の再録も盛り込んだ気合い入りまくりの1枚。15曲入りて!どんだけ!

もうね、大好きだから書くよ!書かせて!っていうかこの感動を保存したくてこのブログはじめたのでこのブログこの記事が最初で最後になるかもしれん。

 

まずね、CD開けた瞬間のメンバーの可愛らしさね!!こうじさんの微笑みはモナリザかね…。なんだあのアルカイックスマイル。神々しさすらある…!

あと、歌詞カードの裏のアートワークの美しさ!!とにかくデザインが素敵!!こうじさんの世界観を引き継いでフレデリックのお洒落で人懐っこい雰囲気生かしてくれてて最高にかわいい!

 

で、だ!期待高まりまくりでスタート!!

1)オンリーワンダー

既出のシングル曲なので、知ってるんですけどまぁ最高ですよね。ど頭これでとりあえずブチ上がるよね。もうね、クラウチングスタートって感じ??全体を通してのたまらないキャッチーさ!言葉の強さ、メッセージ性!キラキラしたサウンド!けんちゃんの声のパワー!フレデリックから聴いてくれる人への圧倒的な外向きのパワーを感じるすんばらしい1曲目。元気でる!

 

2)リリリピート

すんごい圧縮されたように音が詰め込まれてて、100m全力疾走!息継ぎなし!!って感じで息をするのを忘れる感覚。言葉の使い方が秀逸!!リピートって言葉がすごいキャッチーでくりくりかえすもフック効きまくりでもう面白さがすごい!あとね、「袖を引っ張って〜」の裏でギターが「くりくりかえす〜」のメロディ弾いててもうね、気づいた時の嬉しさ笑!クッソお洒落だわ…。赤頭さん本当やってることスマートで大好き(←ギターの話な。)しかし、この曲は特にたけるさんのドラムありきみたいな感じがして…たけるさんのめちゃくちゃタイトで隙の無いドラムじゃないとこの疾走感出なさそうだよね。最近の曲達もう既にたけるさんのドラムありきみたいな。あの超タイトなドラムがフレデリックの楽曲イメージの中に組み込まれてきてる気がしてます。

 

3)レプリカパプリカ

めちゃくちゃ好み。アシッドジャズっていうの??よくわからんけど、ペルソナ5で流れてそうだからそうなのかなって!!とにかくベースの音が。中域ブリブリ出す感じたまらんん!ギターもすごい私の好きな赤頭さんのギターの音だ…!あと歌詞がいいなぁ。こうじさんの目線って面白くて、すごくピースフルなのに、一方でこういう風刺的な歌詞書くし。自分の解釈としては本人が「ドナドナ」って言ってたから「最近って人間ですら画一的なものがもてはやされて、どうしようもなく私達はそうやって世の中に食べられていくけれど、そんなパプリカみたいな存在であっても食卓に色を添えるようにその中で「今」を変えていこう。」みたいな。なんとなく。そういうイメージかなって。いいよねぇ。風景が浮かぶような抽象的な歌詞なのにちゃんとメッセージ性がある。天才かな。

 

4)KITAKU BEATS

鬼のように好き!!なにこのイントロ!!このっ変拍子!!かっこよ!!あとベースのブリブリ感がもうね!!グルーヴ感半端ない!ベースを聞こうこれは!!ツボがね!わかってる!この人たち快楽のツボがわかってるよー!!シンセの80年代感??本当最高。CCBかなって。ギターソロも渋い。赤頭さんっぽいハイトーンじゃなくて渋くてやばい。この音よ。外国人の小太りのおじさんみたいな音出すんだもんもう好き(完全にイメージ)。あと、これは歌詞がまた面白くて。ちょっとシティーな感じの大人っぽい話なのかと思ったら、ちゃんと最後は家に帰るのよね。なんなの??育ちが良いの?家に帰るまでが夜遊びですよ??うん、帰ることに意味があるんでしょうな。余韻。このキタクという言葉の違和感が多分正解で天才。

 

5)サービスナーバス

可愛いなぁ。とにかく歌詞が優しい。なんて優しいんだ。ナーバスな夜に聞こう。フレデリックがサービスしてくれるんだもん。元気出そうだ。最高だなぁ。優しくすることを「サービス」っていうのなんかいいよね。けんちゃんの優しい声が染みるわ。サウンドはなんか南国風…ラテンな感じでかなりご陽気!ホーンとかタンバリンとかシェイカーとかティンバレスみたいなんとか入っててカラフル!!新しい感じ!楽しい!ライブでけんちゃんタンバリン叩いたりしてくれんかな??

 

6)スピカの住み処

またド歌謡曲!!!ワンピースとかハイヒールとかいう単語がまた昔のアイドル感を煽る。可愛いなぁ。なんで平成生まれの子達がこんなド歌謡曲な曲作れるんだろ。面白いな本当に。ギターソロがまた激しぶ…。歌謡曲だわ。加山雄三を思い出したもん、なんとなく!(←ただのイメージです)けんちゃんはこういう歌謡曲唄わすとすごく柔らかい感じになってとても良い…。

 

7)バジルの宴

頭おかしくなる感じ。頭良くなんないわこれ。途中でテンポおかしくなるとことか気持ち悪くてすごいフレデリックぽくて最高!気持ち悪さが持ち味だったな!!ってことを思い出させてくれて、これは昔からのファンも昔を知りたい若者たちも嬉しいだろうな〜。これアルバムの中で他にズバッとストレートなギターロック的なもの無いから大事な要素かも。真ん中にこれがあることで締まる気がするよ!!

 

8)ナイトステップ

あはは!もう好き。ダフトパンクっぽいって芦沢校長が言ってたけど、わかるわ。ベースがビヨンビヨンって!あと、ドラムの音、気持ちよすぎ…。ギターも、私赤頭さんのカッティングが大好きで!もう気持ちよくカッティングしてくれてたらそれつまみに酒が飲めますんで。あぁ〜全体的に音の作り方がタイトの極みで半端ないよ。で、それに乗るけんちゃんの声!!この人の声って声自体が元々すごいタイトなんだな!こういう音楽にめちゃ合うんだな!で、息のスピード?強めっていうか、滑舌バシバシ決めてくるからもうめちゃくちゃ気持ち良い!サ行?タ行?の感じがすごいよー!息の感じがビシビシくるよー!韻踏んでるからもうバシバシくるよね!(語彙力)

 

9)POOLSIDE DOG

で、お洒落な感じでこちらへつながる!!ガラッと世界が変わる感じがすごい良い。

これがまた!!こうじさんの世界爆発!!イラストの世界そのままなんだよなぁ。あのタッチの絵がバーって浮かぶよね。綺麗だなぁ。夏の陽炎がゆらゆらしてるのがわかるよ。なんか溶けてしまいそうになる感じで本当気持ち良い。歌詞はもう意味なんて考えるだけナンセンスって感じ。頭に浮かぶ絵を楽しめば良いよなぁ。けんちゃんの甘い声に溶けるわー。

 

10)オドループ

確かにここでオドループめっちゃ目がさめる!!でも、キター!って感じありつつも、そんなに浮かないというかこの流れで違和感が全然ない。新曲としてこのCDに入っててもおかしくないというか。けんちゃんの歌い方とかちょっと違うかもしれんけど、やりたい好みの音の感じが既に確立してるというか。2年前の音源なのに全然古くない。単純にすごくない??あと、カズさんのドラムがこのアルバムに入っててとても嬉しい。

 

11)CYNICALTURE

ひぃぃ!!なんだよこのシティー感!!80年代??ジャミロクアイ??なんなのー!!こういうの好きだって言ってんだろ!!ギターが好きすぎて死ぬ。ギターリフが私を殺しにきてる。うわ〜ん、かっこいい。これ、懐かしいのに最先端で、実際問題今の流行のど真ん中なんじゃないの??現代の感覚でタイトな音像で何んとなく80年代の香りのアシッドジャズやで!サ◯モスに殴りこみに行けるぞこれ!(殴りません。サ◯モス好きです)え?要素盛りだくさんすぎるかね??個性的すぎるかね??

完全に雰囲気としったかで喋ってるから大ハズレやったらすみません!!

 

12)ふしだらフラミンゴ

楽し−!!!サックス面白いなぁ、かっこいい!ギロがギロギロしてるし!!!トロンボーン?がまたいいなぁ。おもちゃ箱みたい。楽しい!!豪華!!お腹いっぱいになる感じ!!あと、ボーカルが完全にパワーアップしてて最高。左右に双子の声振ってる部分があってイヤホンで聞くと左から兄、右から弟みたいな感じで双子に挟まれてすごい幸せな気持ちに。双子最高やで…。

 

13)音楽という名の服

これもまた!好きな感じで!ギターが最高にカッティングしてるよぉ。前奏間奏のリフがどれもこれも懐かしい感じで歌謡曲めいてて最高…。なんだよあの最後のサビ前のドドドドンドドン!!うん!好き!

あと、これは歌詞がね。音楽を提供してくれてる人がこんな気持ちで音楽届けてくれてるかと思うと、もう、その音楽が好きな受け取る側は嬉しくて泣くしかないというか。うわーん。泣くよ。ありがとう。0の数が多いことが価値では無いよ!大事にするよー!どっちが変わっても今のこの感覚はなかったことにはならないよー!一緒に年取りたいなぁ。出会えてよかったなぁ。と思いました。

 

14)オワラセナイト

なんかこの辺りでもう胸いっぱい感が。イケメンな曲続きでなんか知った顔に会ってホッとした感じ。この曲もクッソイケメンですけども。カズさんのドラムがもうね、既にファンクな音してるんだと思うんですよね。よくわかんないけど。自分、OWARASENIGHTのアルバムが大好きで。あのアルバム全体通してなんとなくファンクな感じがして。ギターの感じとか。すごく大好きなんですよね。カズさんの影響って大きかったんだろうなぁとか勝手に思う。あと、あの子たちの真面目さもカズさんの御教育の賜物かと(笑)全然知らないけど!カズさん一度お店に行ってお会いしたことあるんですけど、めっちゃ真面目な良い人だったから!

 

15)ハローグッバイ

これ最後は至極当然の流れなんですけど、反則だわぁ。泣くわ。この流れでくると、なんとなくこの曲浮くくらいなんですけど、その浮き方がまた良い!!グワーッときてキュンとして終わる。いろんな気持ちが込められた大事な曲だから特別だよねこれは。この曲、次へ繋がる意味のある曲だから、これでこのアルバム締めてまた次の何かに繋がっていく感じするよ。今までのすべてを連れて次のステージへ!!!

 

はい。

以上です。

満足です。

ここまで読んでる人いないでしょうけど読んだ奇特な方いらっしゃいましたらありがとうございました。

 

本当に一片の妥協もない完璧にこだわったサウンドを届けてくれて感謝です。見てて楽しくて楽しくて。音楽業界、見ていて今が一番楽しいよ私は。シーンを引っ張っていく存在に必ずなるだろうなぁ。ほんと身体と心の健康に気をつけて頑張って欲しいよ(オカンか)