読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

音楽好きの雑記備忘録 

感想など自分で見返してニヤニヤする用ブログ

雑記:ブレイクとは??

最近、ぼんやり気になることがある。

 

邦ロックヲタクの方々が、普通の人の「このバンドすごく良いよ!今年きっとブレイクするよ!」などという会話を取り上げて「もうそのバンドブレイクしてるしwww」と上からマウンティングする行為がしばしばツイッターなどで見受けられるのだが、これがなんだか気になる。

これってとても不毛じゃないですか…?

まぁすっごいどうでもいい話なんですけど、ちょっと書いてみる。

 

まず「ブレイク」の基準が、人や地域によってかなりバラつきがある。

関西の都会から静岡の田舎に引っ越してきた身としては、しみじみ音楽文化の浸透度に地域差を感じるので、この「ブレイク」についてすごく思うところがある。

 

そのブレイクの基準について下記のように主観でまとめてみた。とっちらかるのでバンドに限定して話しますね。

 

レベル1:リキッドルームでワンマンができる

ワンマンでも1000人くらいなら埋まるようになった!テレビもCSなら出たことあるよ!フェスにも呼ばれるようになってきた!

 

レベル2:Zeppでワンマンができる

2000人呼べた!!雑誌にもラジオにもまぁまぁ出てるよ!地上波テレビも深夜なら出たことあるよ!フェスのステージも大きくなってきたよ!

 

レベル3:武道館ワンマンができる

夢の武道館に立てたよ!大型フェスの一番大きなステージにも立てたよ!

もう音楽好きの間では知名度かなりあるよ!

 

レベル4:Mステに出れる

Mステにでれたよ!!

お茶の間に浸透して行くぞー!

 

レベル5:大きなタイアップがつく

めざましテレビで僕らがニュースになったよ!

やたらとテレビ露出が多くなるよ!

田舎の女子高生もヤンキーもテレビ見てる人はみんなもう知ってるよ!

音楽好きの人以外もCDを買ってくれるよ!

 

レベル6:紅白に出る

もうおばあちゃんも知ってるよ!!

親孝行だー!

 

ざっくり書きましたけど、これ、音楽好きとしてはブレイクはレベル2か3なんですよ。

でもまぁまぁの一般層からするとレベル5がブレイクなんですよねぇ。

 

だから極端なこと言うとRADWIMPSは一部の人からしたら去年ブレイクしたってことになります。

 

でもこの「一部の人」が人口比でいくと結構な割合でいると思うんですよ。

 

フェス文化も浸透して、感覚的には昔より音楽を楽しむ層は増えてるかな?とは思うんですけど、田舎に行くほどにテレビ以外で流れる音楽に触れる機会がない人というのがめちゃくちゃ多いことに気づくわけです。

正直音楽にそこまで興味のない人は探してまで新しいものをアンテナに引っかけようとしないのでそこはしょうがない。

そして、悲しいくらいにテレビでは新しい音楽が紹介されない。

一昔前よりだいぶマシになりましたけど。

なので、その一般層は最近テレビでよく見るようになったバンドを「新しい音楽だー!ブレイクしたね!」というわけです。

ゲスやセカオワが世間にウケた時はしみじみブレイクを感じましたね…。だってアジカン知らない会社のお姉さんがゲスとセカオワは知ってたんだもん。

 

しかし、音楽好きからするともうその時点でレベル5なので、とうの昔にブレイクしちゃってる印象な訳ですよね。

 

なので、元々の物差しが違うんだから、話が噛み合わないわけです。

 

まぁ、知識のある人からしたらバカにしたくもなるわけですが…それって、私達がパチンコの最新機種や園芸用品の新作やらに興味が無くて知識が薄いのとそんなに変わらないのかなと。(どれにも興味ある人いたらすみません)

 

そして大事なのが、この一般層の購買能力がすごいのです。

いくらヲタク1人が血反吐吐きながらバイトのお金でCD3枚買っても、15人の主婦がドライブのお供に気軽にCD買えば5倍なのです。

 ご新規をバカにして遠ざけるのは得策ではないぞ!

 

私達がしなきゃいけないのは、その辺の人達をバカにするんじゃなくて「こんなのもあるよ??もっと色々あるよ?音楽はこんなに楽しいよ!」と楽しい楽しい音楽世界へ導いてあげることじゃないだろうか。

 

と真面目に思うわけです。

 

だから、隣の席のマイルドヤンキーのイヤホンから流れる三代目を優しく引っこ抜いて、オーラルやらフォーリミ…そちらでご満足いただけなければ、ヤバTや打首獄門同好会でもそっとぶち込んで欲しいと思います。

そこから広がる少女漫画的展開も期待しています。

 

こちらからは以上です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017.2.13中田裕二@静岡UNBER

ライブハウスで中田裕二見るの何年振り〜?やだー久しぶりー!!😆

ってノリで行ってきました中田裕二静岡UNBER。

 

UNBERだいたいキャパが200人かな?かなり小さいハコです。椿屋から数えても自分が体験したライブの中でもかなり小さい方の会場でちょっとドキドキ!

でもUNBERは静岡中部東部地区では一番熱いライブハウスなので結構色んな人くるんだよね。西部には浜松窓枠があります。静岡でライブハウスといえばこの2強ですねー。静岡にしばらく住んだ末の研究結果です。

 

話を戻しますが、そんなで久しぶりのライブハウスの中田裕二、楽しかった!!

すごいお客様のノリが良くて、「あれ?今日ファンクラブイベントだったかな?」ってくらいのホカホカさでした。暖かい!!なんかみんなヒューヒュー♪言ってるし!距離が近いもんだから言葉も良く聞こえて、ステージと会話が成り立つ成り立つwwwあんなに客席にきさくにしゃべる裕二かなりレアかもなぁ。やたら面白がって話しかけてくる感じでした。みんなの反応が楽しかったらしい。

だいたいホールだと上品な乗り方になっちゃうし、うっとりした感じのノリになっちゃうもんね。ホールの方がステージ全体良く見えて良い面もあるんだけど。

 

しかしあのキャパのあの狭いライブハウスであのバックバンドの演奏で中田裕二聞けてめちゃくちゃ贅沢だった!!もうやっぱりライブハウス好きっ!ホールと違って身体に響いてくるから、もう超気持ち良くて!

やっぱりすごいなあの人達。

特に小松さんバージョンのDeeperがまた白根さんとは違って最高でした!どっちも最高なんですけど、やっぱり叩く人で違うもんだなーって!

あの音数少ない感じであのグルーヴ感出せるの本当かっこいい。めちゃ難しいと思う…大人の色気よ…✨若造には無理だぜ…✨

 

そんなでフロアがノリノリだったので、ご本人がすごく喜んじゃって!!本当に…久しぶりのライブハウスの熱量とか、ダイレクトに反応が返ってくる感じに感激してらして、楽しそうでたまらんかったです。やっぱりライブは演者もお客も一緒に最高に楽しんでなんぼですよね!一緒にこの空間を楽しんでる感がすごくて幸せでした!

印象的だったのが「こんなにライブで良い反応返してもらえると、このthickness…作った甲斐があったなって思います」みたいなことを。

あんまり直接こういうこと言わないよねこの人。

「静岡、最高です!」とかもめちゃ言ってたし✨

嬉しい…✨

自分、静岡生まれではないけれど住んでしばらく経つしそれなりに愛着あるので、中田さん口から静岡名物の名前がぽんぽん出てきて嬉しかったなー。さわやかは是非食べて頂きたい!(中田さんと奥野さんはさわやかを知らなかった!!なんてこと!)

たぶんこの日は半分くらいは静岡県民だったのかな?「ダシ粉」の反応がそんな感じでしたwww

なんかマグロック(静岡のフェス)の時も思ったんですけど、静岡って温暖な気候のせいか、ノリがラテンっぽいっていうか。基本的に陽気で楽しむことに躊躇が無い感じの県民性な気がする🤔

ただ音楽文化があんまり定着してないから、おかげさまでマイルドヤンキーがチームAy◯やら倖◯組やらのステッカーを車に貼ってイオンに行くような感じですけどね…いいのよ…それはそれで。

そう、だから静岡県って色んな音楽を「認知」さえすれば、すごくノリ良く楽しんでくれる土地なのかもしれない。

みんな静岡来てライブしよ??

高速道路降りよう??

静岡のサービスエリアで休憩してるバンドマンのツイートを歯ぎしりしながらいつも見てます!

 

脱線しましたけど、静岡でのライブ、中田さん好いてくれてるみたいで嬉しいな。また来てね!

 

こういうアーティストって愛されてる確認みたいの定期的にしないと病みそうじゃないですか?

特に裕二さんとか捻くれまくってるし、たまには素直にデレデレして欲しいじゃないですか?

だから、たまには小さいライブハウスでこういう愛情の直接感じられるライブして頂ければ、みんな幸せなんじゃないかい?

いいですねー。

 

本当、中田裕二のライブ来たことない人におすすめしたいんですけど、ライブハウスでもホールでもそうなんですけど、中田裕二のライブは安心して裕二に恋ができるので非常に楽しいですよ!

ライブ中の愛し愛され感がすごいんですよ!

普段はそんなこと全然言わないんですけど、表情とか目線からの愛がすごいんですよ!めちゃくちゃ客席見て来ますからね!怖いですよ!油断できないですからね!

しかし、あの愛情深い視線を浴びると気持ちがとても潤います…ありがたやー。

そして、この人ものすごいステージ降りると超そっけないので、もうライブしかそういう交流感じられないんですよ!SNSもしないし!

気になった方はとりあえずライブ行って欲しい!

 

あぁライブハウスまたやって欲しいなぁ。

ファンの年齢層なんて考えなくて良いから!椅子なんて無くて良いよ!

みんな鍛足腰えていくから大丈夫よ!ねっ! 

 

というわけで、是非ご検討よろしくお願いします!

 

2017.4.30 BRADIO@中野サンプラザワンマン

楽しみにしてました!

BRADIOワンマン!行ってまいりました中野サンプラザファイナル!

とりあえず、あの、先に言っちゃいますけどこの日の最後にメジャー行きの発表があったもんでなんか色々ぶっ飛んでしまって…でも書きます!!

 

とりあえず、こんな話からして本当に変態で申し訳ないんですけど、大山さんの足さばきが可愛くて可愛くてですね…!片足でケンケンしたり、足開いたままぴょんぴょん左右に飛んだりしてたよぉ😭何パターンかあったよぉ。誰かDVDが出たあかつきには大山聡一足技コレクションをGIFアニメにしてください。

てか、あの人、ギター弾いてる時の動き面白すぎません??かっこいいし可愛いしで、もうニッコニコして見てました。あのガッシガッシに一生懸命な感じたまらんです…。

バラードの時の激渋い感じもすごく素敵✨

 

で、そろそろまともな話しますと、すごいライブっていうかコンサートでしたね本当。エンターテイメントショーって感じで、色々考えてくれてるんだなって思った。演奏はもちろんそれ以外の部分も楽しかった✨

ステージ装飾も綺麗で、ステージの床がストライプ状に鏡みたいに反射するようになってて、二階席から見てたから光がキラキラして華やかでしたね。こだわるなー。

エボリューションで突然マジックショー始めたりとかもびっくりしたなぁ。ホールならではの演出ですよね。

演奏ももちろん最高…✨とりあえずボリュームがすごかった!トータル3時間!サービス精神!

横ノリな曲も超楽しかったし、真ん中のroomBRADIO(着席して聞くしっとりセクション)も最高だったし…特にマイナーアレンジのRIDE ON TIMEが良かった…ガンガンに盛り上がるロックンロールな曲も面白かったー!

 

ホールの二階席だったからかなり俯瞰でじっくり聞けたし見れたし、ライブハウスの楽しみ方とは違う感じで楽しめたのもよかったな。

音も良く聞こえたし…とにかくベースがデカくて!すごいパンチがあったな、なんだろ?自分がホール久々だからかな?

あと歌声もドラムもすごく綺麗にストーンと聞こえてきてとても良かった✨普段あんまりドラムの一音一音まで興奮しすぎてて聞こえてないんですけど、この日はとても良く聞こえてやっぱりユウキさんすごいなぁって。

 

そう、それぞれのソロコーナーがあったんですけどそれがまぁ素晴らしくてですね。

 

まずドラムがね、ユウキさんってフォームも音もスマートで最高だなって思ってたんですけど、生でじっくり聞いたら、あの…太鼓の秘孔を突く感じの打撃がすごい良いなって…伝え方がよくわからんのですけど、ヘッドの一番叩いて震えるツボっていうんですかね、あるんですよ打楽器って、一番効率良く良い音がなるツボみたいなものが。そこ突いてる感じのスマートな音がしてめちゃ気持ち良い。快感指数が高いなー!

あとね、動きがめちゃくちゃ綺麗…。小さい音出す時に大きく振りかぶってフワッと叩く感じとか、腕の振り抜き方とか本当綺麗。ああいう無駄の無い所作大好き!

で、ソロがとてもかっこよくて、あんまり前に出てるところ見た事ないユウキさんがですね、そりゃもうガンガンに叩いてキメポーズバッチリ決めて歓声欲しがってる感じが…もうキューンって!!いやぁー!もっと欲しがってー!!って私、すごく!興奮しました!!

 

ベースソロもかっこよかったなぁ…。自分の弾いたフレーズをループマシンで録音してずっとループして流して、それにどんどん重ねて音楽にしていく感じで。もうブリッブリのテクニカルなベース弾かれるもんで…めっちゃくちゃに渋すぎました。

酒井さんはなんていうか立ってるだけでかっこ良くてずるいですよね。なんだろう…あの何もしてなくてもかっこいい感じ🤔

ノリノリに煽る曲で他のメンバーが一生懸命煽ってても、酒井さんは軽く手を振るくらいだったりするじゃないですか。

それが…やたらかっこいいじゃないですか!

ずるくない!?

絶対合コンとか行っても一番喋らなくても一番モテて他のメンバーにムカつかれるタイプだわー!!

それがあんなベース弾いちゃうんだからそりゃかっこいいわって

 

で、ギターソロ!大山さんのギターソロがそりゃもうギター少年の夢みたいな泣きのロックンロールな感じで、あぁこの人はロックンローラーなんだなって!!

小粋にファンキーなチャカチャカしたギター弾いてるのも楽しそうだけど、きっとロックンロールなギターをギュインギュイン弾いてるのがとっても好きなんだろうなー☺️っという感じでした。すっごい気持ち良さそうだったなぁ…。

大山さん、音源よりも生で見たらギター少年感が強かったなぁたまらんです…。でもroomBRADIOはとっても大人なギター弾かれてて。振り幅が素敵✨

もうね、何故か大山さんはデロデロに甘やかしたくなって仕方ないんですけど…🤔欲しがりさんだから?歓声も感想もこんなんで良ければなんぼでもあげるぞー!毎日かっこいいって言って褒めてやりてぇ!みたいな謎の感情が。なんだろこれ?

 

ソロコーナー見たいが為にワンマンにもう行きたいです。

 

あとこの日はコーラスとホーンも入っててゴージャスで良かったですね!みんな楽しそうで、ホーンの方も楽器置いて踊ってくれたりして超ノリが良い!素敵!

コーラスのお二人も可愛くて、真行寺さんとアカペラで三人でハモるところがあったんですけど、めちゃくちゃ綺麗にホールに響き渡って気持ちよかった!

 

てか、真行寺さんやっぱりめちゃくちゃ歌が上手い!

アグレッシブな曲での強さもすごいけど、あのバラードの時の繊細さがすごかった。

あの、実はこの三日後にビバラでもう一回見たんですよ!!

しかも小さなライブハウスくらいの規模の前から三列目くらいの至近距離で。

ホールの時は上から見てた感じで良くわからなかったんですけど、そのビバラの時の真行寺さんがもうね!!下から見上げる真行寺さんの迫力ったらすんごかった!!

ミッキーマウスみたい!狂ったミッキーマウス!!クレイジーミッキーマウス!!

表情やら動きがなんかアニメみたい!しかもアメリカのカートゥーンアニメっていうの?スポンジボブみたいな。なんというキャッチー&ポップさ!!

 

でもホールの時のMCとか超人間臭くてさぁ✨…なんとも言えんキャラクターですよね。もうあのギフトの前のお母さんへのメッセージとか(「かぁちゃん!…歌うよぉ!」って)…私がお母さんなら嬉しすぎて卒倒してるけど…もう超人間くさい。

そこがBRADIOの魅力の一つなんでしょうなぁ…✨

 

あと、本編もアンコールも最新アルバムの曲で締められてて、なんかとてもかっこいいなって。既存の人気曲じゃなくて、最新アルバムの曲ってなかなか盛り上がるかわかんないじゃないですか?それをガンガンに盛り上がりのピークに持って来るの。本編の終わりがBack to Funkだったんですけど、会場全体で踊りまくって見事に最高潮迎えてバーンって締めててかっこよかったなぁ…。アンコールの最後のColoersもまた感動的でした…雪も降ってきたりして。

あれ泡の雪だったんですけど、なぜかアフロには積もらないのね。不思議!! 

 

初めてのホールということだったんですけど、ステージが全然広く感じなかったからスケール感的にはホールアーティストと呼んで遜色無い感じでした!!

その三日後に味わったライブハウスでのBRADIOもめっちゃくちゃ強かったし楽しかったから、これからも両方やってくれたらいいなー。

 

で、締めたいところなんですが、この日に発表されたアレ!

「BRADIOメジャー行っちゃうってよ!」

そうかーメジャーかぁ!!ワーナーかぁ!!ドキドキしちゃうけど、きっとテレビで見れるようになったりして、もっと大きくなるよBRADIO!!

チームそのまま移行っていうか続行っていうのがとても良いですね!安心しました!!☺️

今見ててとても楽しいから、そのままの勢いでもっと大きくなってくれたらいいなと思います✨

がんばれー!

 

 

 

 

 

2017.4.8中田裕二 thicknessツアー@関内ホール

中田裕二関内ホール行ってまいりました!!…すごかった…!

 
中田裕二、椿屋の時からかれこれもう10年くらい好きなもんで、穏やかなゆるやかーな愛情で最近は見守ってたんですけど、この日のライブがめっちゃくちゃ良くてまた、今、中田裕二熱がすごい!!
 
以下からちょっとだけネタバレ含みますのでお気をつけください。
 
いやぁ、正直新譜がそこまで完全にはハマってなかったのでライブどんなかなぁ?楽しめるかなぁ?って思ってたんです。
本当、土下座ですわ。ごめんなさい。
すごかった…ライブ映えがものすごかった。シングル曲がキター!って感じで華やかに光ったかと思えば、アルバム曲もめちゃくちゃそれぞれの曲の個性がほとばしってて実に生き生きしててとてつもなく良かった。
あの手練れのバックバンドでのアレンジがまた最高で…!!特に白根さんのドラムがもうカッコ良すぎて本当に色気が可視化してましたね!
ちなみに乳首は見えませんでした!
(MCで「今日の衣装、乳首が透けてるので色気が可視化してる。乳首が可視化してる。」と散々ネタに)
 
あと、本当にありがとうございましたとひれ伏したのが椿屋時代の楽曲の「共犯」と「恋わずらい」。
共犯は本当に大好きで…もう震えた…今の中田裕二があのバックバンドの演奏で歌う「共犯」がもう尊すぎて…かっこよすぎるんだもん!
この日の中田裕二のハンドマイクパフォーマンス、まじで100点満点を大きく超えるかっこよさで…どうしたの本当に。最近そんなにキレッキレじゃなかったじゃない。動きも表情もさ。くるくる回るし、ガンガン踊るし、本当もうキレッキレだった…。
特に「恋わずらい」の時の表情…イッちゃった目で上から見下されるあの感じ…私の、私の好きになった頃のあの尖ってた中田裕二だった…目頭が熱くなっちゃって本当にちょっと泣いてしまった。ああー思い出しただけで胸が苦しー!!
あとね、この日は「吹き出しの中にしようか〜♪」のくだりで目の前にマイクスタンドがなかったもんで、ご自分の身体を艶かしく搔き抱いたり撫で回したりされてましてね。録画して皆んなに見せたかったよ…✨ありがたやー🙏✨
 
そんなこんなで本当にこの日のライブは本当に良かったんです。久しぶりに諸手を上げて最高のライブだったよーって胸を張って言える内容で本当に本当に嬉しい!
トリオも弾き語りも好きだけど、私は中田裕二バンド形態のライブがなによりも好きなんだ!
だから今回バンド形態のライブハウス含んだライブツアー組んでくれてめちゃくちゃ嬉しい。ライブハウスだとまた感じ違うだろうし、このバンドの、このセトリの、ライブハウスでの熱気や密着度が楽しみだな…✨また静岡行くんです、すみません本当に。楽しみ😭
 
しかし、この日の中田裕二、無敵感すごかった…全方位落とせる可能性あるのでは?って思いましたね。
星野源福山雅治などのシンガーソングライター方面はもちろん、バンド方面も範囲内だし(現にバンド好きなファンの方多いし)、LDH系好きな人もグッと来そうだし(マイルドヤンキー系は置いといて)、AOR育ちのシニア層もガンガン攻められるし、もうなんか死角無しなのでは??って。
時代がそろそろ追いつくんじゃない?中田裕二
追いつかれて弾ける瞬間が見たいよー!!
 
 
 

BRADIO沼の淵からこんにちは

ハマることを「沼にハマる」と良く言いますが、自分、現在BRADIO沼の淵に立っております。沼の淵からこんにちは。

 

1stミニアルバムの段階から存在だけは知っていたんですけど、その時はやたらファンクなバンドが出てきたなーくらいの印象で。

その後、1stシングル「オトナHIT PARADE」の展開をビレバンで見たのが2度目の認識だと思うんですけど、その時に良く聞かずに「あれ?なんだこの題名とサビの歌詞のダサさは??方向性どうしちゃったの??」と思ってしまったんですよね。

ダサさに過剰反応してBRADIOを遠ざけたあの日のオシャレサブカルかぶれ野郎の自分をぶん殴ってやりたい。

そして、 何故か最近2ndフルアルバムを聞いて撃ち抜かれてしまった自分。

沼の淵に立って、このどんハマりの原因、エモみポイントについて少し考えてみようと思います。

 

1.わざと掴んでいくダサさ加減

上記でも記述しましたが、とりあえずパッと見ダサい(時がある)。ごめんなさい。違うの。好きなのごめんなさい。帰らないで。

まず楽曲の歌詞や題名のダサさ。これは絶対色々狙ってこうなんだと思うのですが、ファンクバリバリなのにこの親しみやすさっていうのはやはりこの戦略が功をそうしてるのかなと。

あとビジュアル面でもアフロにカラースーツの結構いい年齢のお兄さんたちが並んでるのはなかなかビジュアル的にパンチがある。

80年代の雰囲気をあえて出してきているらしいが、80年代にしっかり生まれてたけど記憶が薄っすらしかないこちらサイドからしたらよくわからない。

でもこのインパクト。一回見たら忘れない。気になる。

でも正直見た目のインパクト強すぎて顔の造形が入ってこず、格好良さに気づかなかったので一長一短感なきにしもあらず。

なので、最近の黒スーツ衣装は最高だと思います!!ありがとうございます!

実際会ったら全員背が高くスラッとしていてとてもかっこいいのです。

 

しかしインパクトとダサさというのは重要で、心理学的にも人間は少しダサい方が親しみが湧くそうです。なるほど。

そう思って見てみると手の平で転がされてる感じしませんか?マーケティングの術にハマっているんですよ。やられた。

 

2.メンバーの年齢

BRADIO、メンバー多分アラサー。結構遅咲き。

話を聞けば聞くほどに夢を諦めきれなかったバンド青年達が苦労して苦労して、やっとここまできた感が素晴らしくて泣ける。

だからめちゃくちゃ今の状況が嬉しそうだし、スタッフにもファンにも本当に感謝が深いのが伝わってくるのがまた泣ける。

そして大人なのでとにかく落ち着きがある!おしゃべりの安定感も素晴らしい!何か営業職でもされてました??自分、大山さんに住宅営業されたら35年ローンで買っちゃいそうですよ。

そんな大人の彼らなので、若手には無い仕事観が垣間見えるというか、夢追っかけてるんですけど、なんというか…ちゃんと色々背負ってる感じがするんですよね。自分たちの船を自分たちで漕いでるように見える。同世代なのでそういうところにすごくグッとくるんです。

バンドの規模がどんどん大きくなっていく中で、若手の勢いとアラサーの落ち着きと覚悟を今奇跡的に一緒に兼ね備えてる状態で、非常に稀な存在で色気がすごい。今のこの感じ、とても面白い!

 

3.溢れる出るポップさ

それまでやってきた音楽性から、こういうファンク方面に方向転換して5〜6年みたいなことを言うので本当に驚いた。

この高みにまでそんな短期間に到達できるんだ…個々人の音楽センスとテクニックに脱帽。そういうわけで技術的にも本当に素晴らしいんですけど、とにかく楽曲センスが飛び抜けてすごい。

とにかくキャッチー。展開もものすごく気持ち良いしメロデイーもすごくポップだし。あのめちゃくちゃパーティーな曲のBメロとか大サビでメロウな展開持ってくるところのツボの押さえ方とか秀逸すぎて。グッときます。

特にタイアップのついた宛て書きの楽曲の出来上がりとか、職業作曲家さんが作ったのか?ってくらい良くできてる。これをスタジオでセッションしながら作ってるのかと思うと本当にすごい。(タイアップの要望にきちっと応える「仕事できる感」にも好感がもてる)

HOTELエイリアンとかこれだけ要素特盛りなのにこのポップな仕上がり。ふざけた見かけに騙されてはいけない。気をつけないとサラッと楽しく踊って本当のすごさを見逃すのだ。なんなの、このエンタメすぎて凄さが全然見えない感じ…。

そして、このどれだけバッキバキに80年代の音色で楽器鳴らしても何故か溢れ出てくるJ-POP感 。楽曲のキャッチーさから出てくるんだと思うんですけど、元々ファンク畑の人たちじゃないからですかね。なんでだろ?

 

4.お茶の間感

これは本当に個人的主観なんですけど、BRADIOってJ-POP畑にいると思うんです。

対バンも色んなジャンルの人とやってるし、なんとなく邦ロック畑というよりJ-POP畑。とにかく間口が広いので「お茶の間感」があるなと。

あんなに演奏バッキバキなのに、このバランスは素晴らしい。

ウルフルズとかサザンとかたまに引き合いに出されてるけど、そういう存在になってほしいなと思うし、そうなれる要素はあるように思う。非常に大衆的、敷居が低い。

 

ただ、最近の邦ロックヲタクとかちょっとした自称音楽通は避けるんですよ、お茶の間感。それ勿体無いなと。自分もそうだったから。

で、インディーズバンドが売れてきてちょっとお茶の間感出て来たら「変わっちゃった」とか「売れ線になっちゃった」とか言うの。

でも心配ないぞ!!BRADIOなら既に最初からお茶の間感あるから!!大丈夫大丈夫!

もう大人だからビジュアルも既に完成してて数年前から目立った変化も無いし(アフロの髪質が変わったくらい)、トークの安定感も半端ないし、こんなに安心して長期的な目線で応援できるバンドがほかにあるだろうか?

 

5.お色気問題

あと、今の日本で股間に手を添えながら歌歌えるボーカリストも希少だなと。今のバンドマンみんな毛も生えてなさそうなツルッとした男の子が多いですし、そんな中で後期リンゴスターみたいな髭繋がってるフェロモン出しまくりのギタリストがいてもいいです。いいと思います!

今の音楽業界、男性的な色気のあるアーティストが少ない。

その中でBRADIOのように大人の色気出してくれるバンドがいてくれてとても嬉しい。

BRADIOは是非とも色っぽい歌もっとたくさん歌ってください。需要あります。

 

長々と語りましたが、とりあえず偏見に凝り固まった脳味噌を一回BRADIOに揉んでもらうことをお勧めしたい。

サービス精神の塊のような彼らの音楽に身を任せてみたら、何も考えずに楽しめるエンタメ遊園地がそこにあるぞ!

では、沼に飛び込んできます!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

BRADIOインストアイベント2017.2.25&FREEDOM感想風メモ

突然ですが、ファンクお好きですか?

私は完全にニワカで、ファンクとソウルの違いもわからん人間ですが、とりあえずそういう感じの音楽は大好きなんです。

 

で、先日近所のイオンモールにファンクバンドのBRADIOの皆さんがインストアイベントに来られまして。

そちらにお邪魔して図々しくもお写真まで撮らせていただいたのでちょっとテンションが上がりましてちょっと感じたことをメモっとこうかなと。

 

BRADIOですが、実は前回のインストアイベントも見たし、ビバラでも見たし、マグロックでも見たので意外と見てる。あと1stのCDも持ってる。

でもまぁそれなりに好きーくらいのテンションだったんですけど、急にアレ?かっこいいやん!!ってなりまして。

理由としましては…今までたぶん自分の中で、あの見た目のポップさ?戦隊モノみたいな色分け衣装とアフロの勢いが一人歩きしてたのと、あとわざとダサいところ狙って掴んでいってるみたいな楽曲の題名と歌詞かなぁ?なんか面白が先に立ってそこまで深く聞いてなかったんですよねたぶん。好きだったけど。

 

それがね、よく聞いたら超ファンクでねぇ、そらそうなんですけど。そういうバンドなのは知ってたはずなんですけども。

たぶん2ndアルバムのほうが楽器の音がちゃんと聞こえるようにミックスしてあるんじゃなかろうか。なんか色々変えました??

バンドがあきらかにかっこいい!!!超あきらかに個々の楽器の主張が強い!タイトでグルーヴィーでかっこいい!

イマドキっていうか、おしゃれな仕上がりになってる気がする!!

ギターもベースもドラムもよく聞こえるしたぶんアレンジも大人っぽくなってる!!

とてもいい!「思い通りにならない世界」とか音色最高!!超好み!!

この緑のお兄さんのギター大好き!カッティングもロックっぽいのもかっこいい!すごい一曲の中で音コロコロ変えたり器用な方ねー!そうね、エフェクターボードが超でっかかったもん!

1stは1stでかっこよかったけど、自分はこっちのほうが好きだなー!ありがとうありがとう!

 

世の中結構80年代リバイバルとかでファンクっぽいの流行してると思うんですよね。

日本人も意外とファンク好きな下地があるんじゃないのかしらと思うし、もっと流行らないかなー。このままゴリゴリ濃いめのファンク追求していって欲しいなー。

 

そう、そうやって聞くととてもテクニカルでガチファンクでSO COOLなんですけど、まぁ、メンバーさんの佇まいも面白い。

 

失礼ながらパッと見「キャー可愛い!」ってタイプの方々では無い。

実際近づいたら全員めちゃデカイし。背が高い。ビックリした!

自分小さいので写真一緒に撮ったらトリックアートみたいになってしまった。縮尺がおかしい。

しかしそのスラっとしたお兄さん達がスーツバシッと決めててかっこいい✨

あとあの妙な落ち着き…あの握手のこなれた感じ…たぶんアラサー…🤔(違ったらすみません!)

なんだか謎の包容力でちょっとクラクラしてしまった。素敵…。

いやぁ、接触って恐ろしい…!

 

あと、バンド自体の立ち位置もちょっと面白いなと。

今の日本で、ファンクを最前面に押し出しながらちゃんとお茶の間に存在できる感じのバンド他にいないじゃないですか。

なんか立ち位置的にはJ-POP畑な気がするんですよね。親しみやすいし、見た目もなんだかポップだし。狙ってるところも小難しい音楽通とかじゃない感じするし。

でも実はめちゃくちゃファンクっていう。

アフロとカラースーツで仮装?武装?したファンクお兄さん達がJ-POP畑に紛れ込んでるイメージでめちゃ面白いなーと。

 

貴重な存在だから頑張って欲しいや✨

以上イオンモールインパクト+2ndアルバム感想ひとりがたりでした。

やっぱりアラサー落ち着くなー(違ったらすみません!)

 

 

 

2017.2.1フレデリック/フレデリズムリリリピート公演@名古屋アポロベース

お疲れ様です。

 

ネタバレできなかったので、東京公演終わってからの投下!

 

行ってきました名古屋リリリピート公演!!

あのね、今回キャパが狭くて前に詰めて!詰めて!って感じだったもんで前の方に欲張って行ったら自分小さいもんで完全に埋もれてしまいまして。でも隙間から見える視界が赤頭さんロックオン状態でね、まぁ楽園ですよね。ガシラパーリナイトでもうね。ごめんなさいね。ほとんど身のあるレポートができそうにありません。本当にありがとうございました。

正直zeppダイバーシティの最前よりアポロベースの3〜4列めの方が近いわ。

近くであのギター弾いてる手元とか表情とか見れてよかったなー。

ガン見して本当に申し訳ない。

 

で、今回の公演、ただのオマケ的な公演なのかな?なんだか妙にキャパ小さいところでやるなーなんでかな?と思ってたんですよね。

んじゃ、けんちゃんがその訳をMCで話してくれたんですけど、こうバンドがどんどん大きくなってきて、いろんな人が「遠くに行っちゃったな…」「変わっちゃったな」みたいなことを言うのを見て思ったんですって。

「俺たちは何も変わってないぞと。インディーズのころからずっと大きくなりたいって言ってきたし、何にも変わってない。ライブハウスで育ってきたバンドだし、ライブハウスの楽しみ方をみんなに教えてあげたい。今日はそう思って、このリリリピート公演、わざと小さい会場で、このアポロベースにした。ここならここにいる全員の顔がよく見えるから。」と。

 

カッコ良いなー!!!

 

これからもどんどん大きくなって色々変わっていくけど、こういうライブハウスでライブやってる、今、君の目の前にいる、手の届きそうな距離にいる僕らが、そのままフレデリックだから!ずっと変わらないから!

って伝えにきてくれたんだなぁと。素敵すぎる。

そして、彼ら自身もこういう小さなライブハウスでやるのは楽しそう。大きい会場ももちろん楽しいだろうけど。また違う気持ちがあるんだろうな。

オドループのソロの時に赤頭さんが珍しく身体をフロアに倒してこられてですねwww

その辺のガシラー歓喜でキャッキャ言って手を伸ばしてたんですけど、狭い会場ならではの触れ合いよね〜。ご本人も楽しかったんだろな。嬉しい✨

この日の康司くんは相変わらず謎なMCを繰り広げてくださってですね。「アポロって月のクレーターのことらしいで!ここで出会ったってことは!俺ら、月面で出会ったってことなんちゃうん!(←?)月(ツキ)があるってことじゃなくて、運命なんやで!(←??)深海の奥まで一緒に行こうや!(←???)」っていう。やっぱりぶっ飛んでるわ〜。深みがありすぎる。康司くんはさらっと運命とか言い過ぎる…天性のタラシやで…恐ろしい子!!😱

 

そして「インディーズのフレデリックを見せてあげる」みたいな言葉に続いての「SPAM生活」「バジルの宴」!!

これはちょっと死んだー。嬉しかった…。あと「ほねのふね」のやってくれたし。自分これ大好きなんだ…。この曲のカズさんのドラムが大好きなんだ。この日はそういうインディーズの曲をタケルさんのドラムで聴けて、また感慨深い気持ちにもなりました。

全て背負って進んでいくんだなーフレデリック。

…また赤頭さんの話して自分キモいんですけど、この「ほねのふね」のギターソロがほんっとにカッコよくて!!げきしぶ…。どんな音楽通ったらあんな感じのギター弾けるようになるんやろ??

もう気持ちがあの場から帰って来ない。

まだ帰ってきてないもん。心ここにあらずだもん。

あれ?まだ豊橋くらいですか??徒歩??いつ帰ってくる?みたいな。

 

で、最後の終わり方がまたリリリピートで。

アンコールの最後にやっぱりリリリピートをリリリピートしてくれたんですけど、最後ワンフレーズで「アポロベースは!繰り繰り返す♪繰〜り繰り返す♪」って言い出して、けんちゃんが気が済むまでそこがずっとリピートされて終わらないっていうwwww

で、最後やっと終わって、けんちゃんが締めの挨拶してたと思ったら急に変な間が空いて…。??って思ってら急にまた「アポロベースは!」って歌い出したりして。他のメンバーもアワアワして、赤頭さんとかギター降ろしとったからあきらかにあきらスタイルで慌ててギター弾いてて…。

ね?幸せしかなくないですか??

もう好きしかないわー。

 

あと、お客さんだいたい若い女の子・男の子が多いんですけど、お父さんときてるお嬢さんとか(ダンディなお父様だった)、お母さんときてるお嬢さんとか、メンバーより年上風のお姉様とか、何にしても客層がとても穏やかで可愛らしいのがすごい。

整列中、横に並んでたお嬢さんと少し喋ったんですけど、可愛らしかった…とても癒された。

ファンはそのアーティストの鏡とは良く言ったもので、フレデリック見てるとその言葉にとても説得力を感じるな。不思議なもんだ。

 

しかし、私、久々のモッシュでね。楽しいけどやっぱ疲れるなー。今回は短めのセトリだったから大丈夫だったけど、今後大丈夫かなぁ??

フィジカル鍛えるしかないか!!!

肉でも食べます。